社会的介入

...子供たちを私のところに来させてください...

フランシスコ・パラウは明確な目的を持っている。教会の秘義が彼の内的生活と使徒活動の中心である。彼は、教会を生きることは、神への愛と隣人への愛という慈愛の最高の充足に等しいと、しきりに繰り返しているのです。彼の大きな情熱と関心は、この総てのキリストを愛し、仕えることに向けられるでしょう...最も貧しい人々の間で最も緊急に必要とされていることです。

苦心惨憺

カルメル会宣教修道女は今日、私たちの生き方と活動を通して社会的使徒職を実践し、フランシスコ・パラウが私たちに遺したのと同じ使徒的熱意をもって社会的、霊的に私たちを挿入する...教皇フランシスコの言葉である。 に行き、困っている人、社会の片隅にいる人の苦痛を和らげること。今日、排除された人々がいる「国境」...移民、虐待され、搾取され、傷ついた女性たち...である。アンコン・マイノルズ青少年、CIE、難民...。奉仕し、伴走し、打ち消す...不正を全てに、「具体的な顔で兄弟の痛みの叫びに気を配る」。

私たちの社会的使徒職は、この世界の総てのキリストの状況と同じように多様である。私たちは、兄弟姉妹の苦しみを前にして、慰めたいと思います。

社会的使徒職は、私たちの生き方や活動から、フランシスコ・パラウが私たちに遺したのと同じ使徒的熱意をもって、社会的・精神的に自分自身を挿入します...教皇フランシスコの言葉を借りれば、です。 に行き、困っている人、社会の片隅にいる人の苦痛を和らげること。今日、排除された人々がいる「国境」...移民、虐待され、搾取され、傷ついた女性たち...である。アンコン・マイノルズ青少年、CIE、難民...。奉仕し、伴走し、打ち消す...不正を全てに、「具体的な顔で兄弟の痛みの叫びに気を配る」。

私たちの社会的使徒職は、この世界の総てのキリストの状況と同じように多様である。私たちは、兄弟姉妹の苦しみを前にして、慰めたいと思います。

了い

ニュースレターを購読する

プライバシー *

スパムメールを送ることはありません。読む プライバシーポリシー.

jaJA
シェアする