教区司牧

教区コミュニティーの形成に貢献する

カルメル会宣教姉妹会は、私たちの教会のカリスマから、普遍的な教会との交わりを担っています。私たちは、パリッシュ・ミニストリーのミッションに呼ばれていると感じています。私たちは、教会的共同体の中で歩む神の民であると感じています。教区は、神の家族であり、一致と交わりの霊に生かされた友愛であると理解されています。このような理由から、私たちのすべてのコミュニティは、参照先の小教区に挿入されていると感じています。CMは、キリスト教共同体とともに信仰を伝え、祝い、証しします。

奉仕する、同行する...そして糾弾する

私たちは、これらの小教区で行われているミッションに積極的に参加しています。カテケージス、御言葉の典礼、ヘルス・ミニスター、聖体拝領の奉仕者、御言葉の朗読、共同体の祈り、教区のカリタスと社会的奉仕活動、教区の青少年奉仕活動、成人の識字率向上など、小教区の共同体が必要とするあらゆる活動を行っています。

私たちの社会的使徒職は、この世界の総てのキリストの状況と同じように多様である。私たちは、兄弟姉妹の苦しみを前にして、慰めたいと思います。

社会的使徒職は、私たちの生き方や活動から、フランシスコ・パラウが私たちに遺したのと同じ使徒的熱意をもって、社会的・精神的に自分自身を挿入します...教皇フランシスコの言葉を借りれば、です。 に行き、困っている人、社会の片隅にいる人の苦痛を和らげること。今日、排除された人々がいる「国境」...移民、虐待され、搾取され、傷ついた女性たち...である。アンコン・マイノルズ青少年、CIE、難民...。奉仕し、伴走し、打ち消す...不正を全てに、「具体的な顔で兄弟の痛みの叫びに気を配る」。

私たちの社会的使徒職は、この世界の総てのキリストの状況と同じように多様である。私たちは、兄弟姉妹の苦しみを前にして、慰めたいと思います。

了い

ニュースレターを購読する

プライバシー *

スパムメールを送ることはありません。読む プライバシーポリシー.

jaJA
シェアする