若者へのコミットメントを実現するための配慮から。韓国のシスターたちは「VYPの一般指針」を韓国語に翻訳した。シスターたちは、このガイドラインを個人的に勉強し、月に一度ミーティングを開き、このガイドラインをデマケーションの現実にどのように適応させることができるかを分かち合っている。

8月には韓国で青年使徒職会議が行われ、9人のシスターが参加しました。 この会議では、私たちが勉強してきたことをまとめ、2024年に向けた新しい計画を立案しました。 これは大変な作業でしたが、全員に大変感謝されました。そのおかげで、シスターたちはお互いを個人的に知ることができ、青少年との福音宣教を一緒に計画することができました。 そして2024年1月に再び集まることになる。   

マリア・コング cm

jaJA
シェアする