コーディネーターとアドバイザーがアビラで会合

2024年2月9日から11日まで、聖テレサ・スピリチュアリティ・センター、カルメル会ハウスが、ヨーロッパ世俗宣教カルメル会コーディネーターとアドバイザーの会議の開催地に選ばれた。

各グループの活動状況、問題点、期待などを共有することが最初のテーマだった。その後、欧州総会について、昨年イビサで開催された総会について、そして主に今年バルセロナですでに準備されている総会について話し合った。

しかし、CMSのトレーニングプランがこの会議の焦点であり、そのため多くの時間を割いてきた。世界中のCMSに提供されているトレーニング日程表から出発して、それぞれの分界に適応させなければならない。私たちはまず、ヨーロッパにとって最も意味のあるトピックを整理することから始めた。小さなチーム(アドバイザー3名とコーディネーター4名)が立ち上げられ、この作業を継続することになった。

カルメル会宣教修道女会の総集会のテーマでもある深い祈りのひとときが、全集会を彩った。 「シノドスの旅路、交わりと預言的宣言について」。団結と家族意識を生み出す

いつものように、シスターたちの共同体の近くに行くたびに、私たちは年上のシスターたちの共同体を訪ねた。それはいつも、シスターたちにとっても私たちにとっても大きな喜びの瞬間である。

CMS欧州委員会

jaJA
シェアする