ペルーの首都リマの周辺地域にあるコミュニティ "Francisco Palau" Santoyo- El Agustino- Limaから、私たちは四旬節に入り、近隣の地域を訪問して十字架の祭典を行ったことをお伝えします。私たちが同行している "Virgen del Carmen "礼拝堂のキリスト教共同体のグループは、家庭を訪問し、その家庭に対応する駅を一緒に準備する責任を担っています。

家族たちは私たちを喜んで迎え、私たちの訪問に感謝し、そして十字架の駅に参加する。この数年のパンデミックの後、私たちは再び、十字架への道を歩むイエスに同行するために街へ繰り出します。痛みや病気、そして喜びや希望といった現実の中に神が存在することを体験する人々の深い献身とシンプルな祈りを、私たちは目の当たりにします。

エルビラ・コルドバcm

jaJA
シェアする