今年の初めの数日間、中央アメリカ・カリブ海地域の「グアダルペの聖母」副管区の青年職業省担当の姉妹たちが、エルサルバドルで会合を持ちました。

2023年1月2日から6日まで、エルサルバドルの社会福祉法人エル・カルメロ修道院の修養所「フランシスコ・パラウ」で開催されたこの青年職業司牧会議に、祈りと親密さで同行してくださった各共同体と副管区庁に感謝します。

姉妹として会う喜びの他に、祈り、レクリエーション、砂漠、職業的な聖なる時間を過ごしました。などの重要なコンテンツも共有しました。

ヘスス・ルイス・パス神父(OCAR)による「職業的伴走のためのプロセスと構造」。

Sr.Xinia Ledix Brenesが作成したPJVの一般的なガイドラインを紹介します。

Sr.Mirna Arely Ortegaが説明する「同行者プロファイル」。

また、それぞれの国、司牧地域、移動する場所で、様々な戦略や手段を用いて、どのように召命の働きに取り組んできたかを、それぞれのシスターと分かち合いました。

時間が止まっているわけではないので、前進するために、生活グループが形成され、コミュニティから送られた仕事を総合し、職業青年省のための一般ガイドラインの4段階の仕事を読み、考察し、共有し、提案し、そこに示された質問に答え、職業青年省のターゲットグループと実施する仕事シートを準備しました。

聖体を捧げた司祭と集会を担当した姉妹たちは、私たちが青年職業省を継続し、一人ひとりの力を最大限に発揮するために役立つ多くの戦略と手段を用い、またこの数日間を、YYVMプロジェクトだけでなく、自分自身、姉妹たち、そしてこのミッションを遂行するために私たちを選んでくださった神との真の出会いとすることができたのです。

マリア・イネス・ラミレス、ニカラグア出身 Srデルミス・エルナンデス、エルサルバドル出身 Srホセファ・カンポス、ドミニカ共和国出身 Srエウゲニア・マルティネス、グアテマラ出身 Srロサ・デ・ヘス・マルティネス・コリントラス、コスタリカ出身 Srシニア・レディックスブレネスとSrミルナ・アレイ・オルテガ、どの姉妹も喜びと神が与えようとするものを受け入れる余裕を持っていたのでした。

私たちは、ソヤパンゴの共同体「エル・カルメロ」の姉妹たちとの分かち合いで会を始め、最後に聖アルヌルフォ・ロメロを訪ね、召命を新たにし、すべての召命、共同体の意図、副管区のプロジェクトなどを託して、私たちのためにとりなしていただけるようお願いしました。

jaJA
シェアする