シリーズに属している。機密事項 ほとんどの手紙や書類。家族の問題、法的手続き、人物や公職に関するもの。同様に未発表のページもすべて。フランス時代に書かれた孤独な生活と謝罪は、私的な性質の文章である。

最も自伝的で内密な作品は『私の人間関係』である。その朗読がそれを証明している。彼は生きている間は誰にも読まれないと信じていた。彼はそれを、自分の精神の秘密を隠す堡塁として、嫉妬深く保管していた。

カルメル会規則の修正に関する考察には教義上の意図がある。しかし、彼はそれが漏れることを望まなかった。これはレリダとアイトナのグループの規則についても同様であった。

公共的かつ教義的な性質を持つ。 それらはすべて何らかの形でそうなっている。より具体的には、多かれ少なかれ体系化された教えを提示するものである。

フランシスコ・パラウの場合 教義上 を示すものではない。 理論的.しかし、その教義は極めて実践的な方向に投影されている。

法律に関する著作の中には、規則や規約がある。これらは彼が設立したさまざまな協会のために作成されたものである。

の証として 擁護論 孤独な人生とエクソシスト。対話形式では『カテキズム』と『闘争』。マリアの月』はかなりシステマティックである。

聖なる書物の中で聖霊によって形象化された「私の人間関係」と「神の教会」。これらと、より自伝的なものは、比喩的で預言的なジャンルによって区別される。

闘いモントーバン 1843年副署あり。つまり、著者またはカイシャルの直筆サイン入り。初版はすぐに売り切れた。そのため、1869年にバルセロナで再版された。この小冊子は、クラレットが宣伝した権威あるコレクション "Librería Religiosa "に収録された。著者は、この作品は訂正されて印刷されたと主張した。タイトルはパラウの気性の荒い性格をよく表している-『プロローグ』17-21-。

彼がこの作品を作曲した目的、動機、経緯は明白である。

彼のペンから生まれた最初の本である。フランス滞在の最初の数年間に書かれた。執筆に要した期間はわずか数ヶ月。1842年から1843年にかけて書き上げた。副題に作品の内容が書かれている。

フランスへの亡命を余儀なくされたパラウは、スペインでの紛争の推移を興味深く見守っていた。このようなシナリオに直面した彼にできることは、教皇の意志に従うことだけだった。そう、祈ること、そして他の人々が祈るのを助けること。そうすることで、人間の悪意を前にして、神を武装解除させるのだ。神がその娘である教会を憐れんでくださるように、神と格闘するのです」と彼は指摘する。これが彼らの目標だ。

そのような状況の中で、フランシスコは自信、証し、支援に満ちたこのページを書いている。このような霊的な深みに揺り動かされ、育てられた彼こそが、このことを最もよく悟ることができる人なのである。フランシスコは、祈りによって改善された自分自身と周囲の人々の生活が、価値あるものとなることを願っている。そうすれば、蔓延する悪を減らすことに成功するだろう。トーンと象徴は聖書からインスピレーションを得ている。彼は聖トマスの原則に基づいて説明している。

スペイン教会は神の御座の前に被告として立っている。それは非難に値する。罪を犯したのだから。執り成す者は憐れみを乞う。不敬虔はこの教会から信仰の宝を奪おうとしているからだ。

間接対話はその方法である。テオフィロスは単純な読者をより念頭に置いていた。神に愛されたテオフィロスだけでなく、イエスの母マリアやスペイン生まれの聖人など、他の対話者も登場する。

題材や作家に対する博識には目を見張るものがあった。精神的な問題に関しては、カルメル会の訓練を受けていることが明らかだった。聖テレジアの言葉を引用し、その息子であることを自称した。そうだ、そうだ、彼はその価値を娘たちに伝えたのだ。神に感謝しつつ、これが私たちが見、経験したことなのです!本当でしょう?

jaJA
シェアする